プロの技で芝生手入れ【素敵なマイガーデンを実現する技術】

庭

農機具の処分法

トラクター

処分法を考えよう

日本では、社会全体に占める高齢者の割合が大きい高齢化が問題視されています。それは農家にも同じことが言えます。高齢者のいない農家が年齢を理由に農業を辞めるということが増えています。農業をする上では欠かすことの出来ないトラクターも、使わなくなってしまえば、処分するのに困る大型の機械となってしまいます。そこで、注目されているのが、トラクターの買取を行なってくれる業者です。トラクターを処分するのには、それなりの費用が必要となりますが、買取を依頼することにより、費用の心配をすること無く処分することが出来ますし、状態によっては思わぬ高値で買取ってくれることもあります。いくつかの買取店に査定を依頼することで、より高値での買取が可能な場合もあります。

複数の業者に問合せよう

トラクターの買取を業者に依頼するという場合、そのトラクターの状態によって、業者を変えるようにすると良いでしょう。生産されてから15年以上経過するような古いタイプは日本国内では使用されず、海外に輸出されることがほとんどです。そのため、古いタイプを所有しているのであれば、輸出を手掛ける業者に買取を依頼したほうが高値で引き取ってもらうことが出来るでしょう。買取を依頼する際には、あらかじめ見積もりを依頼したほうが良いでしょう。それも、1つの業者ではなく複数の業者に依頼することが大切です。そうすることにより、簡単に提示額の比較をすることが出来ますし、対応を知ることが出来ます。出来るだけ問い合わせをしてから返信が早い所を選ぶようにしましょう